“Xodo” 軽い・軽快な編集・使いやすい 優秀なAndroid PDFリーダー

xodo_top

AndroidのPDFリーダーといえば「AdobeReader」や「Googleリーダー」でしょう。しかし、機種によっては動作が重かったり、突然アプリが落ちることもあります。また、思い通りの操作ができなかったり、なんとか開いたとしても何かが表示されないものもあります。いわゆる”PDFストレス”は今や現代病です。

その不満な点を幾らか解消するおすすめのAndroid PDFリーダーが、今回紹介する“Xodo”というAndroidアプリです。

Androidアプリ ”Xodo” PDFリーダー&エディタ PlayStoreのリンクは記事一番下です。

Android PDFリーダー”Xodo”の特色

“Xodo”には次の特色があります。

  • 動作が軽い
  • タブ切替え
  • サムネイル表示
  • 軽快な編集

その他、PDFリーダーであれば基本的に有している機能である、共有やブックマークなどを行うことができます。ここで、その特色に関して簡単なご紹介致します。

動作が軽い

動作に関しては機器とアプリの相性があります。しかし、“Xodo”は間違いなく”AdobeReader”より動作が軽いです。

比較

“XperiaZ4 tablet”と”nexus7 2013″で、”AdobeReader”と”Xodo”の動作の動きを感覚的に比較しました。

“XperiaZ4 tablet”では性能が優秀なので大きな差を感じませんでした。それに対し”nexus7 2013″では動作の違いをはっきり感じることができました。最小でも起動時間が3秒ほどは縮まったように感じます。

特に容量の大きいPDFファイルを開くときには、起動時間に大きな差を感じます。

タブ切替え

開いたファイルを複数のタブで選択することができます。(最大5つまで)

いくつもの資料を対比して見たい場合に、その資料のPDFファイルが別となっているときは、何度もそのファイルを閉じる必要があったかもしれません。”Xodo”ならその必要はありません。

複数タブを開いたとしても、動作が重くなることはありません。

tab

サムネイル表示

ページの多く、目次のないPDFファイルの場合、更にブックマークをつけていなかったときは、大体のページを検索し、1ページずつ表示を待って、また次のページへ…の繰り返しを行っていたかもしれません。時間がもったいないと思いつつも、それも仕方がないと諦めていたことでしょう。

しかし、”Xodo”なら軽快なサムネイル表示機能があります。まるで本をペラペラとめくるかのように、目的のページを見つけることができます。

軽快な編集

PDFの編集作業はWordのように上手くいかないことが多く、ストレスの原因となっていたかもしれません。

しかし、”Xodo”ならそのストレスを除去する手助けとなります。ハイライトやコメントまでストレスフリーで軽快に行うことができます。全体的に動作がもたつくことはなく、編集ツールも基本的なものはすべて備えています。

“Xodo”利用ユーザーの声

PDFと言えば、定番のAcrobatのReaderが王道だと思っていました。しかし、巷に溢れるデータシートの様な技術的資料は形式に癖があるので、王道のツールではエラーになって開けず、内容が崩れる以前に何も見えなくて困っていました。このツールはそんな資料も見せてくれます。読込みファイルの一覧でサムネール表示もされるし最高です。

Adobe AcrobatやGoogle PDFビューアでは表示崩れしてしまうファイルがデフォルトできちんと閲覧でき、助かっています。

2016年3月31日現在、PlayStoreで評価4.6を叩き出しています。多くの方が”Xodo”が優秀であることを認めています。

Android PDFリーダーは”Xodo”で決まり

“Xodo”はこの機能を備えていながら、Androidユーザーの心にも優しく価格はフリーです。

Androidアプリ ”Xodo” PDFリーダー&エディタ は下記アイコンからどうぞ。

Get it on Google Play

広告
広告
Top