動画を誰でも簡単に4ステップで音楽(音声)に変換・抽出する

movie-music-title_compressed

動画を音声(音楽)に変換する方法は非常に面倒に思われがちです。しかし、この記事では誰でも慣れれば10分程度でできる簡単な変換方法を紹介します。一度覚えたらその繰り返しです。非常に簡単です。チャレンジしてみてください。

Windowsパソコンを所有している方への記事となります。

目的と概要

今回動画を音楽に変換する目的は何でしょうか。この記事で紹介する方法の抽出後の音声ファイルの形式は、動画ファイルの形式がMP4の場合ほぼ”AAC”になります。CDを焼きたい(iTunesなど)、スマホやオーディオプレイヤーで聞きたいという目的であれば聞くことができる形式です。

しかし、”MP3”などの他のファイル形式に変換したいのであれば今回の方法はおすすめできません。ここで紹介する変換ソフトの「えこでこツール」はAACからMP3への変換が基本的にできますが、環境によっては上手くいかない場合があるからです。その場合、少し操作の難易度が高くなりますが、とても高機能な動画・音声ファイル変換ソフトの「XmediaRecode」を使用するといいかと思います。

 多くのフォーマットに対応した動画変換ソフト!「XMedia Recode」

ウェブサイトやスマホでも変換・抽出を行えます。しかし、安定性と効率面を考えるとソフトをパソコンにインストールして作業(ローカル)を行ったほうがいいと思います。

厳密には変換ではなく”抽出”

動画は「音声」と「画像」が組み合わさったものです。それで今回行うのは、動画から「音声」を取り出す(抽出)する作業になります。変換するということではありません。


つまり、まとめるとこの記事では「”えこでこツール”を使って、誰でも簡単に約10分で動画から音声を抽出する方法」を紹介しています。

実際に抽出しよう

まず道具や材料を用意し、それを用いて抽出します。

用意する道具・材料

えこでこツール

Windowsのフリーソフトです。様々なファイル形式の抽出・変換を非常に簡単に行うことができます。

公式サイトからダウンロードを行います。下記リンクから可能です。リンク先の少し下へスクロールしたところに”ダウンロード”と書かれているところがあります。その下のリンク「ver1.14をダウンロード」をクリックします。

 えこでこツール<公式サイト>

下記リンクを参考にしながら、ダウンロード&インストールをします。

 えこでこツールイントール方法<動画解説>

 動画の音声を抽出できるオーディオ変換ツール「えこでこツール」の使い方<公式解説>

音声を抽出したい動画(MP4など)

えこでこツールでは「mp4、avi、flv、mkv、mp4、mpg、ogm」の形式から音声を抽出できます。形式はファイルを右クリック→「プロパティ」で確認できます。

一般の動画であれば問題ないでしょう。(DVDなどをコピーした場合は別ですが…)

作業の流れ

作業を始める前に、念の為に抽出前のデータのバックアップはとっておきましょう。下記が抽出作業の流れです。たった4ステップです。

  1. えこでこツールを起動
  2. えこでこツールの設定
  3. 動画ファイルの読込
  4. 待機&試聴

①えこでこツールを起動

えこでこツールのインストールフォルダ(ダウンロードファイルを解凍したもの「EcoDecoTooL114」)を開き、「EcoDecoTooL.exe」を起動します。

ecodeco01_compressed

②えこでこツールの設定

えこでこツール画面の一番上のドロップダウンメニューをクリックして、「映像から音声のみを抽出」を選択します。

出力先フォルダは「指定したフォルダ」を選択します。

ecodeko02_compressed

③動画ファイルの読込

動画ファイルをえこでこツールへ、ドラッグ・アンド・ドロップします。すると、変換を開始します。(動画ファイルの読込と同時に、変換が始まります)

ecodeko03_compressed

④待機&試聴

変換が終了すると、えこでこツールは自動的に終了します。抽出した動画ファイルの存在する場所と同じ場所に抽出後のファイルが出来ていることを確認できます。(出力先フォルダは、”2.えこでこツールの設定”で行いました)

最後に成功しているか試聴しましょう。

広告
広告

コメント

  1. 詳しいです!

    参考になります。

Top